中期経営計画

イーレックスは、さらなる企業価値の向上をめざし、2021年3月期を最終年度とする5カ年の新中期経営計画を策定しております。

PDFでより詳しく
ご覧頂けます

2030年に向けた事業の方向性

再エネリーディングカンパニーとして、日本の脱炭素社会の実現を目指します。

  1. Phase1(本中計) コアビジネスの強化と展開
  2. Phase2 Non-FITへの挑戦
  3. Phase3 再エネNo.1
Phase1(本中計) コアビジネスの強化と展開

売上1,600億円以上(’22.3期)

  • バイオ5基体制(FIT)
  • メガバイオ準備(Non-FIT)
  • 小売、新子会社の発足
  • 社内改革、業務効率化

2020.3期〜2022.3期

Phase2 Non-FITへの挑戦

売上2,000億円以上(’25.3期)

  • Non-FIT発電所の稼働
  • 再エネ販売本格化
  • 燃料事業のグローバル展開

2023.3期〜2025.3期

Phase3 再エネNo.1

売上2,500億円以上(’31.3期)

  • 再エネ販売比率No.1
  • 自社電源のNon-FIT化を策定
  • 燃料事業の更なる拡大
  • 再エネ電源の多様化
  • メガバイオ2号機検討

2026.3期〜2031.3期

経営目標

再エネリーディングカンパニーとして、 日本の脱炭素社会の実現を目指します。

(単位:億円)

2019.3期実績 2020.3期実績 2021.3期実績 2022.3期実績
売上高 658.2 950.4 1,321.6 1,650.1
EBITDA 62.2 99.0 138.2 155.9
営業利益 47.0 77.2 97.9 104.1
経営利益 42.9 71.8 93.3 100.7
親会社に帰属する当期純利益 27.6 38.6 49.1 58.2